2015年07月12日

富士登山〜I氏初登頂&初◯◯病に!〜

友人I氏と富士山に登頂した(I氏は初登頂...最後の登頂!?)。

4時すぎに自宅を出て、入間IC〜河口湖ICを経て、6時40分頃待ち合わせ場所の「富士山駅」に到着。集合時間の8時にはまだ時間があるため、登山競走向けの「朝練」をした。

駅から市役所までジョグをする。市役所には数名の試走者がいた。市役所から全コースを走るのはすごいね。なかなかできない。

IMG_1059.JPG
富士吉田市役所

IMG_1061.JPG
スタート地点

今回は、市役所から国道合流地点まで走った。走った感想は...やはりきつい。登山競走は、ほぼ全コースが“上り”で、市役所から国道合流点までもそこそこの傾斜がある。理想は`4分前半で走りたいが、実際は...。

IMG_1063.JPG
大鳥居

IMG_1064.JPG
国道合流点

8時前に富士山駅に戻りI氏を拾い、今回の登山口である「馬返し」(1合目手前)へ移動。周辺はすでに車でいっぱいであった。おそらく8割方は、登山競走の試走者ではないかな?

9時少し前に「馬返し」を出発。気持ちよいトレイルコースを5合目まで上がる。その間にも数十人のランナーが我々を追い抜いていった。歩くには良いが、走るには傾斜がキツい箇所も多い。

IMG_1065.JPG
馬返しからスタート

10時半に、5合目「佐藤小屋」に到着。なかなか良いペースである。10分ほど休憩し再出発。佐藤小屋から樹林地帯を抜けて6合目に到着。この日は快晴で、山頂まで良く見ることができた。ここで入山料1,000円を支払い、山頂へ向けて歩き出す。6合目からは遮るものがないため容赦なく日差しが降り注ぐ。暑い!!

IMG_1071.JPG
5合目「佐藤小屋」

IMG_1072.JPG
5合目“快晴”

6合目から7合目までは、砂礫地帯を歩く。ここまで順調に歩みを進めてきたI氏に異変が!6合目の中頃から息が上がり休憩が多くなる。頭痛や吐き気はないようなので“高山病”ではなさそうだが、つらそうである。

IMG_1075.JPG
7合目「花小屋」

7合目からは溶岩地帯に入る。ここからは、傾斜が急になる。I氏の様子はさらに悪化し途中立ち止まる回数も増える。7合目の中盤ぐらいで、鈍感なぼくも、I氏が「高山病」にかかっていることに気づいた(遅っ!)。I氏が休んでいる間、のんきに坂道ダッシュをしている場合ではなかった(反省)。

8合目に到着するころには、相当顔色も悪くなっていた。ここは下山道につながるルートがあり、下山も考えたが、もう少し様子を見ることにした。この先の「本八合目」も下山道につながっているためゆっくりと先へ進んだ。

IMG_1079.JPG
8合目

15時すぎに、本八合目「富士山ホテル」に到着。念のため、宿泊状況を聞いてみると、まだ空きがあるようであった。本八合目にはいくつか宿泊施設があるが、翌朝、ここから山頂に向かうには、混雑もあり相当な体力を要する。そこで、できれば、山頂の山小屋に宿泊するほうが良いだろうと判断した。しかし、電話するもつながらない...。この時点で、すでに下山は難しそうであった。

山頂まで登っても泊まれないと元も子もないので、先行して山頂に登って確認したところ、無事に予約が取れた。意外と空いているのね...。まだ16時すぎのため、ゆっくり登れば十分に山頂に登頂できる。これで一安心。

IMG_1082.JPG
山頂より

もう一度登山道を下り8合5杓付近でI氏と合流。8号5杓にも1軒の小屋があるが、ここは満室とのこと。山頂に近い分、御来光登山を楽しむ登山客が多いのかな?

本八合目から山頂にかけては空気が薄く、大抵の登山者の足取りが重くなる。山頂はすぐそこに見えるがなかなか近づいてこない。

17時に無事登頂!う〜ん、よく登ったなぁ。

IMG_1093.JPG
I氏初登頂の瞬間

IMG_1086.JPG
途中で仲良くなったミニチュアダックスフンド"クロス”君も無事登頂

IMG_1097.JPG
たまにはふざけてみた(一人ではできない)

宿で夕食を取りI氏は就寝。宿の消灯が19時なので、それまで山頂で居残り練習をした。

IMG_1103.JPG
影富士

@山小屋〜剣ケ峰 

走れる区間が多いが、最後の馬ノ背の急登は1/3も走れない。傾斜が急で、おそらく平地でも走りきるのは難しい。剣ケ峰には、1組の親子がおり記念撮影を撮り合う。普段は、長蛇の列ができる人気の撮影スポットである。

IMG_1121.JPG
剣ケ峰(3776m)

剣ケ峰〜お鉢巡り(時計周り)〜山小屋

この日は風がなく走りやすい。しか〜し、`8分〜9分の超スロージョグなのに息が上がる。当然、上りは歩きが入る。ただゆっくり走っているだけで心肺に刺激を入れられた気がする(お得)。

IMG_1128.JPG
日が暮れ始める

山小屋に戻ると18時30分。1周25分ほどかかるのでもう1周は厳しいため断念。良い汗かいたね。

19時に寝袋にくるまりぐっすり寝ようと思ったら異変が…。異常に頭が痛く寝られない。ちょっと吐き気も...。なんとこの期に及んで「高山病」になってしまったふらふら

これまでの富士山では経験がなかったので、高山病に対する不安はなかったのに...。山頂に長く滞在したからか?心肺トレーニングの負担が重かったのか?原因はわからないが、ほぼ一晩中頭痛で眠れなかった。高山病はつらいね...。0時過ぎによっぽど下山しようかと思ったほどである。

4時起床。夜中よりも頭痛は半減していたが気持ち悪い。

すでに外は御来光目当ての登山客で騒々しい。高山病の同士であるI氏とともに、御来光を仰ぎにふらふらと外に出る。今回、宿泊を想定していなかったため、やや薄着で寒さが心配であったが、予想外に暖かかった。10度以上はあったかな?

IMG_1132.JPG
“つらら”があるが意外と暖かい

IMG_1141.jpg
御来光

IMG_1133.JPG
御来光を待つ登山客

IMG_1142.JPG
賑わう山小屋前

御来光はきれいに見ることができた。その後、山小屋で朝食を取り身支度を整えて剣ケ峰へ。すでに剣ケ峰は、記念撮影をする登山客で長蛇の列!30分ほど待ったかな?その後、お鉢巡りをし、7時前に山小屋に一度戻った。

IMG_1148.JPG
馬の瀬の上り

IMG_1150.JPG
ここが本当の“日本一”地点(モデル:頭痛に苦しむ人)

IMG_1153.JPG
朝の影富士

IMG_1156.JPG
南アルプス方面...かな?

まだ、高山病でつらそうなI氏とともに下山開始。ぼくも、頭がじんじんして吐き気も残る。高山病は、高度を下げれば治ると言われており、ぼくの場合は、3,000mを切ったあたりでだいぶ楽になった。I氏は、2,700mぐらいであったかな?その後も、体力的につらそうであったが...。

11時に「馬返し」に到着し下山完了!
馬返し〜山頂&お鉢巡り+剣ケ峰を完登し、I氏も満足そうであった。

今回は、高山病のつらさを思い知らされた富士登山となった。来週末に迫った登山競走は...多分大丈夫だろう。

【登山記録】
日時:2015年7月11日(土)〜12日(日)
山名:富士山(馬返し〜山頂〜剣ヶ峰〜お鉢巡り)
標高:3776m
同行:I氏
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする