2008年12月23日

冬の房総ツーリング〜そのA〜

中1日でふたたび房総へ走りに行ってきた。

なぜ、房総か?今回は、寒くて他に走りに行きたいところが見つからなかったため。

埼玉以北の最低気温は軒並み氷点下。最高気温も一桁。しかし、関東で唯一最高気温が10度の場所が…。そうだ、銚子へ行こう!

銚子といえばR356=利根水郷ラインの往復が基本だが、たまには違うルートでアプローチしてみた。

10:10 自宅発
R16→穴川IC(京葉道・千葉東金道路)→松尾横芝IC→県道30号とつなぎ、九十九里浜へ。途中、千葉市内で給油をしたが、@97円であった。いいぞ!この調子で下がりつづけてくれ!!

081223@97.JPG
80円台も近い?

12:40 九十九里・飯岡海岸着
九十九里浜沿岸には、飯岡刑部岬や屏風ヶ浦など展望ポイントが多いが、今回は飯岡海岸へ。ここは、県道沿いにあり立ち寄りやすい。また、九十九里の長〜い浜を感じることもできる。

081223vfr.JPG
海をバックにVFR(再び自己満足写真)

081223park.JPG
のんびりするのにもってこい

13:15 犬吠埼着
犬吠埼は6ヶ月ぶり。ツーリングシーズンの初めと終わりに来ることが多い。この日は天気が良いこともあり、多くの観光客で賑わっていた。

081223toudai.JPG
犬吠埼灯台とVFR

081223fuyuumi.JPG
冬の海@

081223sunahama.JPG
冬の海A

犬吠埼では、昼食を取り、近くを少し散策した。

14;30 犬吠埼発
利根水郷ラインで一気に帰・・・らず、途中、利根川河口堰に立ち寄り、ダムカードをゲット(水資源開発機構が発行しているれっきとした正規のカード)。ダムカード収集家の中でも、その存在を知っているのはわずか(?)。

081223card.JPG
ダムカード<利根川河口堰>

利根水郷ラインの途中で日が沈んだ。西に向かって走るため、このコースの帰りは、いつも夕日に向かって走る。

081223yuhi.JPG
夕日。このあたりは成田空港への航空機の進入路でもある。

081223suigo.JPG
利根水郷ライン。関東屈指の高速国道。

18:30 自宅着
出発時と帰宅時の気温はともに4度。5度を下回ると、どんなに防寒をしていても寒い。そして、長く外気に触れているため、体が芯から冷え切ってしまう。今年は、あと1回ぐらい走れるかな?

【走行データ】
走行日時:2008年12月23日(火・祝)
走行距離:293キロ
バイク  :VFR
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

南房総1周ツーリング〜3つの灯台を結ぶたび〜

この日の天気予報での最高気温は18〜19度。

この時期にこの気温は貴重である。そこで、思う存分走るため、快適な道のつづく“南房総”へ出かけた。

出発は8時。VFRの温度計は2度。寒いじゃないか!

R4→R16→穴川IC(京葉〜館山道)→富浦ICとつなぎ南房総へ。下道走行時は寒かったが、高速に乗る頃には気温も10度を超え、下りるころには17度になっていた。防寒仕様では暑いくらいである。

富浦ICから南房総1周をスタート。今回は海岸線沿いをきれいにトレースした。自宅から富浦ICまでは2時間強。高速道路は早いね!

081221tateyama.JPG
富浦IC

081221umivfr.JPG
海をバックにVFR(自己満足写真)

まず、訪れたのは洲埼灯台。ここはこじんまりしていて良い。ただし、周辺は民家でバイクの留め置きが面倒なので、遠くから眺めるに限る。

081221sunosaki.JPG
洲埼灯台

つづいて、房総半島最南端の野島埼灯台へ。南房総の道は、交通量が少なく快適に飛ばせた(もとより信号はない)。

野島埼灯台には、11時過ぎに到着。周辺を少し散策した。

081221nozimazaki.JPG
野島埼灯台

0812211nozimabenti.JPG
いつも人気の特等席

11:30に野島埼灯台を出発。どんどん北上します。

つづいて訪れたのは大東埼灯台。ここはいつも空いているのだが、この日はひっきりなしに観光客がやってきた。どうやら、某映画のロケ地になり、人気が出たようだ。いつ来てもひとりでのんびりできるスポットだったのに・・・残念!

081221daitotodai.JPG
大東埼灯台

081221daito1.JPG
岬からの眺めも良い

ここまでの走行距離300キロ。気持ちよく走れたが、少し疲れたので30分ほど仮眠を取り、14:30に再出発。ツーリングの最後に、一宮海岸に立ち寄った。

081221naminori1.JPG
一宮海岸

南房総の御宿から一宮にかけての海岸は、いつもサーファーで埋め尽くされている。この日は、波も高くサーフィン日和だったのかな?サーファーは真冬も海に入るからすごいね。

081221naminori2.JPG
サーファーだらけの海

一宮を15時に発ち、東金九十九里道路〜千葉東金道路〜R16とつなぎ17時過ぎに帰宅。ちょっと帰宅が早かった。銚子まで走り房総半島1周を完遂すればよかったかな(通称=くたくた500キロコース)!?

081221map.gif
走行地図

【走行データ】
走行日時:2008年12月21日(日)
走行距離:393キロ
バイク  :VFR
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

大平山〜晃石山〜〜馬不入山縦走

来年の目標=月1回の登山(目的=体力づくり&新規趣味の開拓)。

そこで、試しに近くの山(栃木県)に登ってみた。

9:20出発。途中で買出しを済ませ、11時に大平山下皆川登山口に到着。あたりはうっすら霧に包まれており少し寒い。

081218tozanguti.JPG
今日はお留守番

大平山は標高346m。石段&ゆるい登りを30分ほど上がると、謙信平という展望ポイントの出る。なかなか眺めが良い。

081218isidan.JPG
石段を登る

081218rakuyou.JPG
すっかり落葉している

081218kensindaira.JPG
謙信平より。これから向かう山々は霧の中。

謙信平から太平山神社へは長い階段を登る。境内は、年始の参拝に向けて整備を行っていた。

081218jinja.JPG
整備中

境内の右手奥から太平山山頂へ向かう。しかし、山頂は通り過ぎてしまった。

081218oohirasan.JPG
大平山

大平山から晃石山へ向かう途中、遠くに筑波山を見ることができた。雲海に浮かんでおり、なんだか高い山に見えた(実際は877m)。

081218tukubasan.JPG
雲海から顔を出す筑波山

12:30、晃石山山頂(419m)に到着。ここで、お昼にした。
ここからの眺めもまた良い。

081218teruisi.JPG
晃石山山頂より

081218otomo.JPG
おにぎり×2、チョコ×2。消費カロリーの倍は食べた…。

晃石山から、桜峠を経て馬不入山へ。このルートはアップダウンがきつかった。

081218terusakura.JPG
急なアップダウンが連続する

13:30に馬不入山(345m)に到着。大汗をかいたので、水分補給をしつつ10分ほど休憩。休むと寒くなり、風邪をひきそう。

081218umairazu.JPG
馬不入山山頂

馬不入山からは、岩舟駅へ向かって歩く。1キロほどキツイ坂を下るのだが、すでに膝が笑っていた!う〜ん、体力不足です。

081218bateta.JPG
笑う膝

岩舟駅には14:30に到着。意外と早く着いたので、バイクをデポした場所までてくてく歩いた。これが思ったより遠く(たぶん4キロぐらい)、1時間近く歩いた。.

081218jr.JPG
乗ればよかった?

081218yamanami.JPG
縦走した山々を眺める

081218oohirasita.JPG
やっと戻ってきた大平下駅。

15:30過ぎにバイク置き場に戻り17時ごろに帰宅。

休憩を含めて4時間半ほど歩いたが、後半の下りはとてもきつかった。
ちなみに、今回は『新・分県登山ガイド8 栃木県の山』(山と渓谷社発行)を参考に歩いた。データは以下のとおり。

【コース難易度】
体力度●●○○ 
危険度●○○○
歩行時間:3時間50分
歩行距離:12キロ

【走行データ】
走行日時:2008年12月18日(木)
走行距離:98キロ
バイク  :ジェベル250XC
【歩行データ】
歩数:16,547歩
歩行距離:9.1キロ
消費カロリー:385kcal
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

プチ温泉ツーリング

8時半起床。

さて、どこへ行こう。この時期は走れる場所も限られているし、どうしても走りたい場所もない。

そこで、昨日のフットサルの筋肉痛を癒すため、近場の温泉へ。

10時出発。気温5度の中、R4バイパスを北上。装備さえしっかりしていれば5度でもたいして寒くない。

しかし、冬はトイレが近いため、1時間以上連続して走れないのが難点である(情けない…)。

081208toilet.JPG
R4北上中のトイレ休憩

今回の目的地は矢板温泉(栃木県矢板市)。源泉100%かけ流しでなかなか良いと評判の温泉である。

11:45に温泉近くのそば屋で昼食。まだまだそばブームは続いている。

081208mori.JPG
もりそば。おいしかった。

12:30に矢板温泉に到着。平日ゆえ、客は少ない。

081208yaita.JPG
素朴な概観の矢板温泉

入浴料は500円。お風呂は内湯(×2)と露天がある。内湯の1つは冷泉のため入らず。

源泉は70度以上あるため、内湯、露天ともに湯温は高い。また、無味無臭で癖がない。湯温が高いため、露天での半身浴がちょうど良い。

温泉で1時間半ほど入浴&休憩し家路に着いた。

往復ともR4バイパス。ん、これはツーリングか!?

【走行データ】
走行日時:2008年12月8日(月)
走行距離:196キロ
バイク  :VFR
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

メンテのついでに加波山ツーリング

久しぶり(なんと2ヶ月ぶり!)にジェベル200にまたがった。

たまに、エンジンをかけていたので一発始動で調子は上々。

今日はまず、バイク屋へ行きオイル交換&チェーンの調整。チェーンはだいぶへたってきたので、交換しようかどうか迷ったが、もう少し様子を見ることに。

作業は10:45には終了したので、その足でR16→R6とつなぎ、筑波連山の1つ加波山(かばさん)へ。ここは、ダートフリークの間では、良質なダートがあることで有名。今回初訪問である。

081130tukubasan.JPG
筑波山

12時に土浦で食事を取り、R6→県64→県7とつなぎ上曽峠へ。この峠付近からしばらく舗装林道を走り、一本杉峠から先がダート区間。

081130kamiso.JPG
上曽峠付近から舗装林道へ

舗装林道からは、ところどころ良い眺望場所がある。

081130view1.JPG
関東平野

081130view2.JPG
日光連山も見えた

081130view3.JPG
霞ヶ浦をのぞむ

081130ipponsugi.JPG
一本杉峠

一本杉峠は、4つ角になっているが、そのうち2本は“通行不能”の看板が立っている。しかし、バリケードもなにもないためそのまま進む。
※ちなみに、帰ってから調べたところ、もう1本の通行不能道路は、その筋では有名な超“悪路”とのこと。ここは次回チャレンジすることにしよう。

081130funou.JPG
通行不能?

すぐにダートが始まる。この道は「一本杉林道」というようだ。

081130dato1.JPG

この林道の長さは約4キロ。支線もいくつかあったが、まずは舗装道に出るまで走った。ストレート区間はあまりなく、急勾配のタイトコーナーが連続で、また、道もほど良く荒れており楽しめる。

081130dato2.JPG

支線もいくつか走ったが、通り抜けができなかったのは1本のみであった。どの道も、楽しめる程度の荒れ方でとても良い。

081130dato3.JPG
ダート最高!

081130dato4.JPG
ここだけ行き止まり

081130dato6.JPG
加波山登山道

支線を行ったり来たりして、1時間半ほど遊んだ。長いダートはないが、支線も含めると25キロ程度は走ることができた。

加波山山頂付近には、風力発電のプロペラが2基ある。

081130fusha2.JPG

081130fusha3.JPG

加波山探訪を終えると15:30でもう日が沈みそう。しかも、日影は寒い(7度)。

途中、セイコーマートで休憩し16時に出発。

081130sekoma.JPG
愛すべきコンビニ

帰りは筑波山を横断する県42を使った。休日の筑波山は驚くほど混むのだが、この日はスムーズに走ることができた。

途中の展望場所からは、富士山や東京の高層ビル群も見えた。この時期は空気が澄んでいるので実に眺めが良い。

081130yuhi.JPG
夕日と富士山(中央)

自宅到着は17:40。筑波山から1時間半ほど走り続けたが、体が芯から凍ってしまったかのよう。明日からは12月。もっと南下しないと走るのはつらそうだ。

【走行データ】
走行日時:2008年11月30日(日)
走行距離:225キロ
バイク  :ジェベル200
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

東京湾TWOリング

今回は、大学時代の友人T氏と“TWOリング”へ。

T氏とはこれまで、霞ヶ浦、筑波山、三浦半島+猿島と計3回のツーリングをこなしており、今回で4回目になる。

都内某駅に9時集合。近くの喫茶店でモーニングを食べながら作戦会議。お手軽プランということで、三浦半島〜東京湾フェリー〜房総半島という“冬のゴールデンコース”(?)に決定する。

10時に出発したが、保険証を忘れ、財布を忘れ…その他…Tくん忘れすぎです!しかも、急停止、急Uターン、交通違反…危険です!!
※2年前に仲良く交通違反をしたのを思い出します…。

それはさておき、環七〜R16とつないで横須賀・久里浜を目指したが、想像以上に道が混んでおり、到着は14時近くになってしまった(予想では12時には着くはずであった)。

普段は、高速R4や田舎道に慣れているため、どうも感覚が麻痺しているようだ。

0811123ferry1.JPG
久里浜港到着

ちょうど14:15発の便があったため乗船。この日は雲ひとつない快晴で絶好のフェリー日和。気持ちいぃ〜。

081123ferry2.JPG
出航!

081123ferry3.JPG
東京湾は船が多すぎます…。

40分の船旅を終え、港から5分の食堂へ。ここは良く来ます。すでに、15時を回っていたが、店内は満員。さすがは3連休の中日である。ぼくの“貝五種かきあげ丼”はすぐに出てきたが、Tくんの“かなや定食”はなかなか出てこなかった…。

081123kakiage.JPG
貝五種かきあげ丼。これも良く食べます。

食事を終えて外に出るとすでに日没に。東京湾越しの富士山のシルエットがとてもきれいであった。その後、15分ほど“足湯”に浸かり家路に着いた。

081123yuuhi.JPG
富士山のシルエット

081123bike2.JPG
VFR&VTR(見た目はきれいだが…)

081123asiyu.JPG
足湯は最高!

Tくん、今度は○○○でツーリングをしましょう!

【走行データ】
走行日時:2008年11月23日(日)
走行距離:259キロ
バイク  :VFR&VTR
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

沖縄ダムめぐりツーリング

11月16日(日)〜20日(木)にかけて、沖縄をたびした。

沖縄は今年2度目(通算7度目)。最近は、ツーリングオフシーズン(11月〜3月)の間に、2回訪問するのが定着している。

今回の目的は、もちろん“ダムカード収集”。狭い沖縄に、なんと7ヶ所のダムカード配布施設が存在する。これは、すべてゲットするしかないでしょう!

しかし、収集は順調に進むかに見えたが、意外な落とし穴が待っていた…。(何だこの前フリは!)

【スケジュール】
0日目:自宅電車新橋(泊)
1日目:新橋電車羽田空港飛行機那覇〜ダムめぐり〜本部(泊)
2日目:本部船伊江島船本部〜瀬底島(橋)〜水族館〜本部(泊)
3日目:本部→古宇利島(橋)→ダム→与勝船津堅島船与勝→那覇
4日目:那覇船阿嘉島船那覇
5日目:那覇市内(海軍壕〜首里城)→空港飛行機羽田電車自宅
posted by どんぐり at 23:25| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

オキナワツーリング(5日目)

5日目:2008年11月20日(木)

沖縄の最終日。最終日はあまり動かないようにしている。遠出して、飛行機に乗り遅れては元も子もない。また、離島にも行かないようにしている。フェリーが欠航したら困るので。

9:30ごろ宿を出る。外は気持ち良い快晴。う〜ん、離島に行きたくなる。

しかし、そんな気持ちをぐっと抑えて、市内を地味に観光した。

最初に訪れたのは那覇市近郊にある戦跡「海軍壕」。沖縄戦最後の旧海軍司令部が置かれていた場所で、現在は公園として整備されている(展望台からの眺めがとても良い)。

081120sinai.JPG
那覇市内を一望

081120kaigun3.JPG
海軍壕入口

081120kaigun2.JPG
地下へ通じる道

081120kaigun.JPG
手榴弾のあとが残る

ここで自決した大田司令官の電文が印象的である。

「…県民に対して後世特別のご配慮をしてくださいますように」

海軍壕をあとにして、つづいて「首里城」へ。那覇市内でもっと有名な観光施設だが、訪れるのは久しぶりである。

首里城に向かう途中、漫湖のマングローブを見た。

081120manko.JPG
マングローブ

都会とマングローブの組みあわせは妙である。

首里城は、いつでも観光客が多い。正殿に入るのは有料(800円)だが、それ以外は無料で観光できる。無料部分だけでも十分楽しめそうな気がした…せっかくなので正殿もじっくり見た。

081120shuri1.JPG
端泉門

081120shuri2.JPG
正殿

081120shuri3.JPG
首里城より展望

首里城は広くじっくり回るとけっこう時間がかかる。2時間ぐらいはいたかな?

さて、もうだいぶ時間も迫ってきた。この日は那覇発17:00の便に乗らなくてはならない。那覇市内に戻り、久米にある「カフェ沖縄式」で昼食をとりつつ時間を潰す。

081120caffe.JPG
カフェ沖縄式

081120kare-.JPG
あぐーカレー

081120bukubuku.JPG
ぶくぶく珈琲

あぐーカレー(1,200円)もぶくぶく珈琲(500円)もちと高い気がするが、ここの店の雰囲気がなんか良いのである。

喫茶店をあとにし、近くの福州園、波の上ビーチに立ち寄った。

081120fukushu1.JPG
福州園<入場無料>

081120fukushu3.JPG
福州園内部@

081120fukushu2.JPG
福州園内部A

福州園は中国式庭園(中国福建省福州市と那覇市が友好都市という関係から)。無料のためか、けっこう人が多い。

081120naminoue.JPG
波の上ビーチ。2人泳いでいた…。

バイクを借りているとぎりぎりまで遊ぶことができて良い。

16時にレンタバイク屋でバイクを返却し空港へ。

飛行機は20分ほど遅れて出発し、また、到着も遅れたため都合50分ほど送れて羽田空港に到着。まあ、仕方ない。

5日目の走行距離:不明

今回、出発前に確認した週間天気予報では、曇りや雨のマークが多かったが、結果はほとんど雨には降られかった。しかし、思ったほどの気温が上がらず、連日最高気温は20度程度。

一番の心残りは、ダムカードをすべて集められなかったことである。この無念はいつか晴らさねば!

【走行データ】
走行日時:2008年11月16日(日)〜20日(木)
走行距離:583キロ
バイク  :アドレスV125
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

オキナワツーリング(4日目)

4日目:2008年11月19日(水)

この日は、とまりん(泊港)から行ける離島へ行くことにした。
しかし、昨晩から強い風が吹いており、天気予報の風速は8m前後。フェリーは出るのかな?

宿を出る前に港に電話すると(港までは歩いて2分だが…)、高速艇は欠航しているが、通常の船は運航するとのこと。そこで、前々回、上陸したが、ほとんど観光ができなかった慶良間諸島の阿嘉島へ行くことにた。

阿嘉島までは、フェリーで90分。ちょっと揺れたが、ちょうど良い距離の船旅である。

081119zamami2.JPG
フェリーざまみ

081119hasi.JPG
泊大橋

11:30に阿嘉島着。港近くでチャリを借りた。前回は橋でつながった慶留間島、外地(ふかじ)島を走ったため、今回は阿嘉島を中心に走ることにした。

もらった地図を見ると、島の西部へ向かう道に展望台があるようなので、坂道を必死にペダルを漕いで登った。かなりきつい坂で体力を大いに消耗する。

081119akamiti.JPG
きついぜこの坂!

081119aka5.JPG
坂の途中から見たきれいなビーチ

苦労して到達した展望台の景色は…曇っていてイマイチ!

081119aka2.JPG
展望台より

081119boro.JPG
くたびれた望遠鏡

約4キロの道のりを必死にペダルをこぎビーチに到着。途中から苦行になっていた。当初、30分くらいの道のりかな?と予想していたが、実際は1時間強かかった。島滞在時間は約3時間のため、いそいそと来た道を戻る。今回もゆっくりできなかった!

081119shuuten.JPG
終点

081119aka4.JPG
海は荒れ気味であった

一度集落に戻り、島で一番きれいなニシバマビーチに到着。さすがに、離島の、慶良間諸島のビーチはきれいである。

081119aka3.JPG
ニシバマビーチ

ビーチで昼飯を食べ体力の回復を図る。

14時過ぎには港に戻り、阿嘉大橋上でフェリーが到着するのを待った。

081119akahasi.JPG
阿嘉大橋

081119akahasi2.JPG
帰りのフェリーが来た

14:30のフェリーに乗り、16:00にとまりんに戻った。とまりんで離島船の運航状況を見たが、ずいぶん欠航便が出ていた。遠くの離島に行かなくて良かった。。。

081119tomarin.JPG
離島便はよく欠航する

夕方は時間があまったため、国際通りやパレットくもじを散策し、19時ごろ宿に戻った。

この日、宿の“ゆんたく”は盛り上がり深夜までつづいた…。

4日目の走行距離:約10キロ(チャリ)
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

オキナワツーリング(3日目)

3日目:2008年11月18日(火)

宿から歩いて海岸まで散歩(といっても徒歩1分)。海を眺めるとなかなか良い天気。がぜんやる気が出る(単純なもので)。

081118tacchu.JPG
昨日登った伊江島の“タッチュー”

この日はまず、古宇利島へ向かった。前回、本島をツーリングをしたときは、まだ“離島”であったが、今は“橋”が架かっており、お手軽に島内を走ることができる。

081118kouirhasi.JPG
まだ新しい古宇利大橋

081118kouritoudai.JPG
古宇利灯台

081118kouirzima.JPG
古宇利島を1周

古宇利島は、まあ、これといって見るべきものもなく、1周しても30分もかからない。しかし、それが島の良いところでもある。

081118kouri1.JPG
島の高台から大橋を望む

081118kouri.JPG
ビーチもなかなかきれい

古宇利島をあとにして、いよいよ7番目のダムカードを手に入れるべく“羽地ダム”へ。

081118damu.JPG
きれいな資料館

資料館を見学し、管理所のインターホンで呼び出す。

ぼく:「ダムカードください」
こえ:「売切れです」※
ぼく:「…ない…ですよね?」
こえ:「ええ」
※正確には“品切れ”のはず

081118damu2.JPG
ダムカード…手に入らず!

がーん!ここまで来て“品切れ”とは…。関東ならまだしも、沖縄でダムカードが品切れになっているとは予想だにしなかった。関東では、品切れのうわさを良く聞くし、実際にバージョン2になっているダムもたくさんある。

気を取り直して本島を南下し、つづいて向かった先は津堅島”。ここは、本島中部・与勝半島沖に浮かぶ小さな島。知名度は低いかな?“キャロットアイランド”と呼ばれるほど人参の生産が盛んである。

津堅島行きフェリーが出る平敷屋港に12:30到着。次の出航が14時のため、時間潰しのため、近くの海中道路まで走った。

081118kaichu.JPG
海中道路

海中道路は平安座島〜宮城島〜伊計島の3つの島を結ぶ橋。海の中(上)を走るため爽快である。

海の駅で“てんぷら”を食べた。もずく、さかな、いか…など。沖縄のてんぷらはころもが厚く、おかしのような感覚で食べられる。

081118tenpura.JPG
大好きなてんぷら

海中道路から平敷屋港に戻る途中にあった展望台からの眺めがなかなか良かった。

081118yabuti.JPG
屋ヶ名海峡

再び平屋敷港へ戻り、14時の便に乗船。行きは高速艇のため、20分ほどで津堅島に到着。

081118tuken.JPG
津堅島。島全体が平ら。

081118ferry.JPG
津堅島行きフェリー。手前が高速艇。

港近くでチャリを借り、さっそく島を回った。

081118chari.JPG
アサトストアーでレンタサイクル

081118kyaroto.JPG
島中央部の人参畑

081118obuje.JPG
ビーチの近くにあったモニュメント

081118umi.JPG
島一番のビーチ

島1周は1時間もかからない。ビーチを散策し、そのあとは、アサトストアー前のテラス(?)でおかしを食べながら帰りのフェリーを待った。

081118okasi.JPG
おやつタイム

081118tuken2.JPG
日が暮れる

081118tuken59.JPG
津堅中59期生

フェリーは17:30過ぎに港を出港。こんな小さな島にこんなにたくさんの人が!と驚くほど乗船客がいた。

081118tuken3.JPG
帰りのフェリー。みなさんどこにいたの?

18時過ぎに本島に戻り、1時間半ほどかけて那覇市内へ。この日は、前島にあるゲストハウスへ。昨年泊まった宿だが、2月の訪問時には閉店しており、管理人が変わり、11月に再オープンしたとのこと。宿は泊まり慣れているところが一番。オープン価格で@1,000円というのもまた良い。

081120keraema.JPG
黄色い外壁が目立つゲストハウス

3日目の走行距離:103キロ
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

オキナワツーリング(2日目)

2日目:2008年11月17日(月)

沖縄2日目は、伊江島へ。

伊江島は、本島の北部に位置する本部半島の沖合い9kmに浮かぶ周囲約22キロの島。本部港からはフェリーで30分と気軽に渡ることができる。

この日は、運天港から行ける伊平屋島、伊是名島のどちらかに行きたかったが、両島とも日帰りが難しく、コストが高いためあきらめた。この2島もいつか行きたいね。

本部港を9:00に出て、9:30に伊江島に到着。伊江島はチャリで走るには広いので、アドレスをフェリーの積み、島に持ち込んだ。人間は1,110円だが、アドレスは2,200円と高い。しかし、島でレンタルするよりは安い。

まずは、時計回りに1周した。

081117a-ni-.JPG
アーニー・バイルの碑(沖縄戦の米従軍記者)

081117hokora.JPG
ニャティア洞

西端にある伊江島灯台は、米軍基地内にあるため進入禁止。

081117ietoudi.JPG
伊江島灯台

081117ro-ru.JPG
沖縄の牧草ロール

島内にある集会所。

081117kiti1.JPG
伊江島土地を守る会

一方で、島のあちこちで見られる看板。

OR5.JPG
求ム軍用地

北西部は基地があるため、島をきれいに1周することはできない。のどかな集落を通り、北部にある景勝地・湧出(ワージー)へ。この日は残念ながら曇り空であったが、晴れていれば絶景だろうになぁ〜。

081117wazi.JPG
湧出(ワージー)

081117umi2.JPG
伊江ビーチ

集落内には戦跡もある。ここは、沖縄戦の激戦地としても知られる島。

081117senseki.JPG
公益質屋跡

島1周は1時間足らずで終わってしまった。

そこで、伊江島のシンボル“城山(グスクヤマ/イージマタッチュー)”に登った。伊江島といえば城山、城山といえば伊江島というほど有名な山。

山といっても標高は172m。登山口から急な階段を登れば20分ほどで山頂に到達できる。山頂からの眺めはとても良い。

081117tacchu1.JPG
城山

081117tacchu2.JPG
山頂より@

081117tacchu.JPG
山頂よりA

島1周は、寒い中を走ったが、城山に登るころには、“晴れ”てきたため、大汗をかいてしまった…。

港に戻り昼飯を食べ、13:00のフェリーに乗った。

13:30に本部港に戻り、近くの瀬底島に行ってみた。

081117seseko.JPG
瀬底大橋下

つづいて向かったのは「沖縄美ら海水族館」。沖縄でもっとも人気のある観光スポットである。訪沖7度目にして初訪問。

081117chura1.JPG
水族館入口

081117chura.JPG
ジンベエザメが泳ぐ大水槽

081117naporeon.JPG
ナポレオンフィッシュ

081117kame.JPG
ウミガメ

081117manathi.JPG
マナティ

屋外では、イルカたちのショーをやっていた。

081117iruka2.JPG
オキゴンドウのオキちゃん

081117iruka1.JPG
ジャンプ!

水族館を満喫し、この日も本部半島に宿泊。港の近くに安い宿(@2,000円)があった。ドミトリーがいっぱいであったため、広い部屋(12畳はあった)をあてがわれ、少々落ち着かなかった…。

2日目の走行距離:88キロ
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

オキナワツーリング(1日目)

☆沖縄ダムめぐりツーリング☆

16日(日)の6:55羽田発那覇行きの便に乗るため、前日は新橋駅近くの漫画喫茶に泊まる。0時ごろ新橋駅に着いたが、SL広場の温度計は17度。う〜ん、あたたかい。

1日目:2008年11月16日(日)

10時過ぎに那覇空港に到着。さっそくいつものレンタバイク屋に電話する。今回レンタルしたバイクはスズキのアドレスV125。那覇周辺や離島を走るなら50CCで十分だが、今回は本島北部まで足を伸ばすため、パワーのある125CCを選んだ。

081116umi1.JPG
アドレスV125

10:45に那覇市内を出発。R58を北上する。

天気予報では曇り雨であったが、実際は晴れ。沖縄の天気予報はまったく当たらない。

R58から県道74号にシフトし「安保の見える丘」に立ち寄る。ここからは広大な嘉手納基地の様子を見ることができる。

081116kadena.JPG
嘉手納基地

県道74号→R329とつなぎ、12:30に金武町にある「キングタコス」へ。ここで「タコライスチーズ野菜」(600円)を注文。けっこうすごい量です…。でも、ここのタコライスはうまい!

081116takosu1.JPG
人気のキングタコス

081116takosu2.JPG
ボリュームたっぷりのタコライスチーズ野菜

タコライスでお腹を満たし再び北上し、漢那ダムへ。このダムはR329沿いにあるが、国道からの案内を見落としたのか、少々見つけるのに手間取った。

081116kanna1.JPG
漢那ダム。沖縄ダムカード第1号!

漢那ダムのすぐ近くには高速道路が通る。こんなシチュエーションも沖縄ならではである。

081116kanna3.JPG
高速道路とダム

ダム内の建物も、沖縄らしさが出ている。

081116kanna2.JPG
漢那ダムの建物

漢那ダムをあとにし再び北上。天気も良く走りを満喫する。日差しがある時間帯は、半袖で十分である。

081116miti.JPG
南国の道

081116umi2.JPG
名護市沖の海

R329→R331→県道70号とつなぎ、ずんずん北上。R331に入ると交通量は激減する。

14:30に福地ダムに到着。このダムの貯水量は5,000万立方mと沖縄のダムのなかで最大。また、直接海に放流が行えるという珍しい特徴を有する(日本で唯一)。

081116fukuti.JPG
<ダムカード>福地ダム

081116fukuti2.JPG
福地ダムの“海への”洪水吐

ちなみに、福地ダムと新川ダムは管理部署が一緒のため、福地ダムの資料館でこの2つのダムのカードをもらうことができる。

次の新川ダムは、数年前にも一度行ったことがあったが、ダムカードの写真を撮るために立ち寄る。このダムは165万立方mと小規模。また、沖縄県で初めて国の直轄で建設されたという歴史を持つ。

081116arakawa.JPG

次の安波ダムでは、安波ダム、普久川ダム、辺野喜ダムの3つのダムカードをもらうことができる。なんと、もう6枚を集めてしまった!残りは1枚…。

081116aha.JPG
ダムカード<安波ダム>

081116aha2.JPG
安波はアハと読む

安波ダムの少し先に普久川ダムある。

081116fungawa.JPG
ダムカード<普久川ダム>

081116fungawa2.JPG
普久川はフンガワと読む

普久川ダムで休憩しているうちに16時を回る。天気もすっかり曇りがちに(時々小雨)。しかし、せっかく北部まで来たので、北端の辺戸岬まで行ってみた。

081116hedo1.JPG
ライダーは端っこが好き

081116hedo2.JPG
この日の眺望はイマイチ

北部の東海岸は多くのライダーが走っていた。沖縄というと、スクーターばかりという印象があったが、ライダーもけっこういるのね。

辺戸岬を17時過ぎに出発。途中、少しばてながら18:30に名護市内の到着。市内で安宿を探すが見つからず、結局、本部町にあるゲストハウス(@2,000円)に投宿した。

1日目の走行距離:198キロ
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

奥日光&草木ダムツーリング(関東ダムカード制覇)

久しぶりの休み。

そろそろ標高の高いところは走り納めになりそうなので、草木ダムへ行くついでに奥日光まで走ってみた。

9:45出発。良く寝た。

R4→R119→宇都宮IC〜日光ICとつなぎ、日光市内に11:50着。このあたりは、紅葉が見ごろである。

081114nikoic.JPG
日光ICに到着

神橋近くにバイクをとめ、二荒山神社の参道を少し歩いた。

081114sinkyo.JPG
神橋

081114tera.JPG
日光輪王寺

081114momizi.JPG
落葉

081114sandou.JPG
参道はいつも人だかり

12:15出発。すっかり落葉したいろは坂を上り12:50に日光湯元・湯の湖に到着。昼食&温泉を楽しむため、お腹を空かし、ほどよく疲れるよう、湯の湖を1周した。

081114konsei.JPG
湯の湖越しに金精峠方面

081114koi.JPG
鯉が大きい

081114nantai.JPG
男体山もきれいに見えた

湯の湖1周は約40分。ちょうど良くお腹も空いたので、湖畔のレストハウスでチョイ贅沢に“わかさぎ定食”(1,500円)を食す。わかさぎのから揚げが大好きです。

081114wakasagi.JPG
わかさぎ定食

お腹を満たした次は温泉に。いつもの温泉寺は“本日休業”のため、近くの温泉で我慢。

081114onsenzi.JPG
温泉寺“本日休業”。残念!

081114yunoka.JPG
泉質はどこも一緒だけど…

温泉から出ると15時。この時期は、日暮れが早いので先を急ぐ。R122を利用し16:15に草木ダム到着。ちょうど噴水が上がっていた。

081114kusakidam2.JPG
草木ダムに到着

081114kusakidam4.JPG
草木ダム

081114kusakidam.JPG
草木ダムの噴水

081114damcard.JPG
ダムカード/これで関東制覇!!

16:15にダムを出発し、休憩なしで18:45に自宅着。気温は7度(湯の湖)〜17℃(宇都宮/午前)であったが、冬装備のため特に寒さは感じなかった。このエリアを走るのも、次は半年後かね。

【走行データ】
走行日時:2008年11月14日(金)
走行距離:285キロ
バイク  :VFR
ダムカード:ダムカード:30/112(収集率:26.8%)



















































posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

いわき周辺のダートを走る(2日目)

2日目は5:30に出発。せっかく海の近くまで来たので海の幸をいただきに小名浜漁港近くの食堂へ。

081102onahama1.JPG
小名浜港到着

081102mizuage.JPG
水揚げを見学

食堂のおばちゃんに勧められたので“さんま定食”を注文(950円)。本日1人目の客ということで、さんまを2尾ふるまわれた!

081102sanma.JPG
さんま(2尾)定食

さんまでお腹を満たし7時過ぎに再出発。R6→R289とつなぎ、福島・茨城県境の林道群へ。しかし、1本目に走る予定の「横川目兼林道」がなかなか見つからない。集落を30分以上うろうろし、持参した“林道ガイド”を見ながらようやく見つけることができた。この林道の入口は、標識も何もなく、探すのが大変。

081102yokokawa1.JPG
ようやく見つけた横川目兼林道」

081103bunki.JPG
分岐。正解は左(←)。

081102yokokawa2.JPG
右に行くと道が険しくなった。貫通しているかどうかは不明。

この林道は、いくつか分岐があり、選択がむずかしい。そもそも、標識というものがまるでない…。

しばらく走ると広々とした分岐地点に出た。ここから、「藤ノ木沢林道」を走る。

081103bunki2.JPG
広い交差点に出た

081103fuzikisawa.JPG
藤ノ木沢林道入口

藤ノ木沢林道を抜けると「四時川林道」に出る。四時川林道は、ダート約7キロ。このあたりの林道群のなかで、もっとも快適に走ることができる。路面はフラットで渓谷沿いを走るため景観もなかなかのもの。

081103sitoki1.JPG
快適な四時川林道

081103sitoki2.JPG
渓谷沿いを走る四時川林道

四時川林道を抜けると9:30。まだまだ走りたいところだが、この日は夕方に所用があるため、帰宅することに。

R349→R118→R461→R291と鄙びた3桁国道をつなぎ、R4にて帰宅。バイク屋でオイル交換(1ヶ月半で3000`走行)をし、自宅で洗車をした。

ちょっと物足りないなぁ〜。

【走行データ】
走行日時:2008年11月2日(日)〜3日(月・祝)
走行距離:636キロ
バイク  :ジェベル250XC
ダムカード:29/112(収集率:25.9%)
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

いわき周辺のダートを走る(1日目)

秋が深まり、軟弱者のぼくには辛い季節に…。この時期はあまり標高の高いエリアへは行かなくなる(まだ行けるはずだが)。理由は、

@寒さに耐えられない
A路面凍結が怖い

の2つ。@はどうにもならない。元来寒がりでいくら着込んでも我慢できない。しかも、寒くなると頻尿になる(心配でお医者さんに相談したくらい)。気温が10℃を下回ると、もうだめで、1時間に1回はトイレ休憩が必要になる。正確に言うと、10分も走るともう膀胱が満タンになる…。
Aは、以前、凍結した志賀草津道路で転倒&故障→レッカーしたことがトラウマになっている。

しかし、残り少ないツーリングシーズンなので、少しダートを走りこみたい。そこで、今回は、標高の低い福島県東部の林道を走った。このあたりは、なかなか良い林道があるのです。

出発は8:30。前日は早く寝たのに…寝坊した。

R4を北上。須賀川市内で県道54号にシフト。この県道54号は広狭混在のなかなか楽しい道路である。

08110K54.JPG
オフ車は峡路が似合う

出発から3時間半で三春ダムに到着。なかなか風光明媚なダムである。ここは、桜の名所として有名のようだ。

081102miharu2.JPG
三春ダム

ダム管理所にダムカードをもらいに行くと先客がひとり。ここは、受付簿に名前を書いてからカードをもらう。この日はぼくで7人目であった。いよいよ“ブーム”到来か?

ちなみに、ダムカードのもらい方はいくつかある。資料館や管理事務所の入口に置いてある、職員から手渡しでもらう(平日)、警備員から手渡しでもらう(主に休日)などなど。今回のように受付簿を記入するところもあれば、アンケートの記入(月山ダム、二瀬ダムなど)を求められるところもある。

だれでも何枚でももらえるよりは、しっかり受付簿に記入し、一人一枚を徹底してもらえれば、より価値が出て、多くの人にカードが行き渡り良いと思う。

081102miharu1.JPG
ダムカード<三春ダム>

三春ダムを12:45出発。近くの小安川林道からダートを走り始める。

ここは、昨年5月にも走っている。今回は入口が通行止めであったため“裏ルート(?)”から侵入する。

081102koyasu1.JPG
小安川林道入口。通行止めの案内が…。

081102koyasu2.JPG
ここから侵入し小安川林道に合流

081102koyasu3.JPG
快適なダートがつづく

081102koyasu4.JPG
前回は通れなかった区間<舗装後>

0706mukasi.JPG
上と同じ場所<舗装中>

081102koyasu5.JPG
紅葉もきれいです

小安川林道本線は、一応“通行止め”であった。しかし、おおむねフラットで走りやすく楽しめた。

081102koyasu6.JPG
この手前に遮蔽物があり4輪の侵入不可

小安川林道を抜けつづいて「赤原遠山林道」へ。ここは、標識が全くないため、情報が皆無だと入口を見つけるのは非常に難しい。前回は、入口を見落としたが、人様のHPで“民家が目印”と書かれていたのを思い出し侵入に成功。距離は7キロ程度と短いが楽しめた。

081102akahara1.JPG
良い雰囲気のダート

081102akahara2.JPG
赤原遠山林道(南側)。目印なし。

つづいて、小田代林道経由で乙次郎林道を走る。県道250号を走ると林道へつづくが、この道は新しいらしく、ぼくの地図には載っていない。そのため、少し迷う。

081103otozirou1.JPG
県道250号

081102bunki.JPG
小田代林道から乙次郎林道へ向かう分岐。左が正解。

乙次郎林道は、深い渓谷沿いの走る山岳ダート。ほどほどに荒れていて楽しめた。

081102otozirou.JPG
乙次郎林道

081102otosisen1.JPG
乙次郎林道支線。1.5キロ先で行き止まりであった。

乙次郎林道を走り終えると16時近くになっていた。この日のダート走行はこれで終えることにし、県道35号→R6とつなぎ、いわき市内の健康ランドへ向かった。

081102umi.JPG
R6沿いの海

ちなみに、今回泊まった健康ランドは、深夜料金込みで2,200円程度と格安。これまで泊まった健康ランドの中では、焼津駅前の健康ランド(静岡/2,000円)に次ぐ格安健康ランドである。なかなかないです、この値段。

1日目の走行距離:366キロ

<2日目につづく>
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

秋のダムツーリング(上州編)

ここ1週間ほど苦しんだ“風邪”がようやく回復したため、久しぶりにVFRにまたがった(まだ完全に治ってはいないが…)。

7:15出発。出発時の気温は10℃。もちろん、ウェアは真冬装備である。目指すは、群馬のダムカード制覇(残り2枚)。

R125→R17→R353→R145→R292とつなぎ草津へ。普通に走れば1回休憩を挟み4時間の道のりだが、この日は余分なトイレ休憩(冬になると…近くて)のため、到着は12時と少し遅くなった。

草津へ向かう途中、吾妻渓谷に立ち寄った。渓谷美と紅葉の名所で知られるが、このあたりは、いずれダムの底に沈んでしまう。

081029agatuma1.JPG
鹿飛橋より。ここは沈まないらしい。

国道の付け替え工事も進んでいる。

081029hashi.JPG
橋の作り方

草津では、無料の外湯のひとつ“千代の湯”へ。先客がいなかったため、熱さが心配であったが、適温で気持ちよく浸かれた。

081029tiyonoyu.JPG
千代の湯

その後、湯畑周辺をうろうろし、小腹が空いたので、菓子パンを食べた。

081029yubatake.JPG
湯畑はいつでも観光客でいっぱい

081029neko.JPG
菓子パンを分けてあげたのでお礼をしている(気がする)。

12:45に草津を出発し、すぐ近くにある「品木ダム」へ向かった。湯畑から15分くらいの距離である。

081029sinaki1.JPG
品木ダム

081029sinaki2.JPG
品木ダムの役割

品木ダムは、一般的な治水ダムではなく、上流で酸性の水を中和してできた生成物を貯めておくという特殊な役割を担うダム。それゆえ、独特の色をしている。

081029sinaki3.JPG
不思議な色のダム

さて、肝心のダムカードだ、ダム管理事務所はなんと無人。管理事務所の張り紙に記載されていた番号に電話すると、ダムカードは草津町にある水質管理所にあるとのこと。う〜ん、そこ通り過ぎてきました…。

ということで、もう一度、草津の町に戻りダムカードをゲット。

081029sinakicard.JPG
ダムカード<品木ダム>

品木ダムを13:30出発。思わぬ時間をくってしまった。

ここからは、最短ルート(だと思われる)R292→県55→R353→県53→R17とつなぎ、新潟県境に近い「相俣ダム」へ。

081029kuresaka.JPG
いつ来ても寂しい暮坂峠

今回、県53をはじめて使ったが、思ったよりも道幅があり走りやすくショートカットになった(山中の県道は、距離のわりに時間がかかるものだが…)。

相俣ダムには15時到着。この時間になると、日がかげり、風も出てきた。

081029aimatacard.JPG
ダムカード<相俣ダム>

ここまで来たら“猿ヶ京温泉”に浸かりたかったが、また風邪をぶり返しては仕方がないので、まっすぐ帰宅することにした。

来た道をひたすら走り、18時自宅到着。この日は、出発時10℃→道中最低8℃→帰宅時14℃であったが、“真冬装備”であったため、少し暑いくらいであった。


また、今回、ダムカードを2枚ゲットしたことで、関東のダムカードが残り1枚となった。残り1枚は、自宅から一番近い「草木ダム」(栃木県)。いつでも行けるから、なかなか行かない。これも、来月中には手に入れ、関東を“制覇”しよう。

【走行データ】
走行日時:2008年10月29日(水)
走行距離:357キロ
バイク  :VFR
ダムカード:28/112(収集率:25%
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

プレミア林道を走破!

栃木県と福島県の県境に、秋の一時期しか開通しない“田代山林道(正式名:県道栗山舘岩線)”というプレミア林道が存在する。

今年の開通期間は10月18日から11月30日まで。降雪の状況で開通期間は変わる。走るなら、紅葉が見ごろのこの時期が一番である。

9時に出発。R4〜R119〜宇都宮IC〜日光ICとつなぎ霧降高原道路へ。この時期の日光市内は、ひどく混むため、日光市内からいろは坂方面はできるだけ避けなくてはいけない。

081019juutai.JPG
避けるべきもの

霧降高原は紅葉も見ごろ。

081019kirifuri.JPG
霧降高原の紅葉

081019kirifuri2.JPG
名所・六方沢橋にて

霧降高原からは、県道23にて瀬戸合峡・川俣ダムへ。ここも紅葉の名所である。ただ、若干早かった感もある。

081019kawamata2.JPG
川俣湖

081019kawamata3.JPG
吊り橋

そして、もちろんダムカードもゲットする。

081019damuka-do.JPG
ダムカード<川俣ダム>

081019kawamata.JPG
堤高と堤頂の比が0.89という独特な形状のダム

川俣ダムを12:30に出発し、川俣大橋の脇から“馬坂林道”を走る。ダート約15キロと走り応え十分。全線走りやすいが、若干水溜りが多いようだ。

081019masaka1.JPG
馬坂林道入口

081019masaka.JPG
湖畔沿いの気持ちよいダート

081019masaka2.JPG
川俣湖湖畔も紅葉は見ごろ

途中、川俣桧枝岐林道との分岐を通過する。もう少し早く到着すれば、こちらも走りたかった。

081019kawamatarindo.JPG
ロングダートの代名詞・川俣桧枝岐林道

13時過ぎに田代山林道入口に到着。当然、ゲートオープン。

081019tasiro.JPG
開かずの扉が開いている

田代山林道は全線フラットダート。ただし、昨年と比べると、新しい砂利がまかれている箇所がいくつかあり、まだあまり慣れていないXCだと、ひやりとする場面が何回もあった。

081019tasiro2.JPG
気持ちの良いダート&紅葉

081019tasirotouge.JPG
田代峠<栃木方面>

081019tasirotouge2.JPG
峠からの展望

峠を越えて福島県側へ。福島県側は、災害さえなければ通年通行が可能で、道はよくしまっている。

081019tasiro3.JPG
福島県側はしまったダート

14:30に湯ノ花温泉に到着。ここは、4つの共同浴場がある。どれも源泉かけ流しで低料金(200円)で入浴が可能。

081019yunohana.JPG
湯ノ花温泉

15:20に湯ノ花温泉を出発。再び、田代山林道を走る。昨年は、通行可能時間が16時までであったと記憶しているが、今年は“夜間通行注意”に格上げ(?)されていた。

行きと同じルードで18:50に帰宅。紅葉とダートと温泉を存分に満喫した一日であった。

【走行データ】
走行日時:2008年10月19日(日)
走行距離:366キロ
バイク  :ジェベル250XC
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

秋の信州ツーリング

このところ、信州に行っていない(関西ツーリングの帰りに通り過ぎたが…)。

ということで、信州へ“秋”を探しに出かけた。

7:30出発。相棒はジェベル250XC(ダート走行も想定して)。

R16を西進し、圏央道・入間ICを目指す。この時間に出発すると、“通勤ラッシュ”に巻き込まれる。9時過ぎに入間ICに入り、快適に飛ばしていたが、いつものように“睡魔”に襲われ、初狩PAにて仮眠。眠いときは眠るに限る。

諏訪南ICに着いたのは11:30。う〜ん。もうお昼です。

081017suwaminami.JPG
快晴の諏訪

そこで、蓼科方面へ向かい、ビーナスライン沿いのそば屋で“そば定食”を食す。まだまだ“そばブーム”はつづきます。

081017sobatei.JPG
そば定食<1,050円也>

お腹を満たし、本日の目的地“蓼科ピラタスロープウェイ”へ。一度ここへ行ってみたかった。

そば屋でゲットした割引券を使い、往復1,620円を支払う。高い!

081017tatesima1.JPG
八ヶ岳方面。

081017tatesina2.JPG
紅葉のピークはまだ先のようだ

ロープウェイを降り、坪庭を散策。ここは、溶岩台地となっている。この時期は、残雪も花もなく少々退屈な景色。

081017tuboniwa1.JPG
坪庭到着!

081017tuboniwa2.JPG
溶岩がごつごつしている

つづいて、奥蓼科温泉に向かった。いつもは蓼科共同浴場に入るが、たまには、奥まで足を伸ばしてみた。

081017okutatesina.JPG
奥蓼科温泉・渋御殿

ここは、加温・加水の温泉だが、とても雰囲気のある温泉で気に入っている。ただし、入浴料は800円とちと高い。

温泉から上がると、やや雲行きが怪しくなってきた。

R299を利用し白駒池へ。久しぶりに池まで散策し、さらに池の周りを1周してみた。

081017sirakoma1.JPG
苔むした木々がとても良い雰囲気

081017sirakoma3.JPG
まるで芸術品のよう

081017sirakoma2.JPG
白駒池。紅葉には早かった。しかも天気わるっ!

散策を終えると16時。さて、どのルートで帰ろう。行きは入間IC〜諏訪南ICで3,450円も費やしてしまった。ということで、反省の意味を込めて(?)、下道(R299)での帰宅を選択。

081017hasiyori.JPG
とある橋からの紅葉


R299の長野・群馬県境の十石峠を越える。この区間は“酷道”として名高い。数年ぶりに通過したが、なんだか道が良くなっており、あまり“酷な”感じはしなかった。

081017jukkoku.JPG
十石峠越え

081017jukkoku2.JPG
ここが峠

峠には17:20到着。どうにか日没前に越えられたが、ここからは夜の山中をひたすら走り続けた。

R299〜R462とつなぎ、下久保ダムに立ち寄る。“営業時間外”であったが、宿直のおじさんにカードをもらうことができた。北海道以外で、時間外にカードをもらったのは初めてである。

081017simokubo.JPG
夜の下久保ダム

081017damuka-do.JPG
ダムカード<下久保ダム>

下久保ダムを18:30過ぎに出発し、あとはひたすら走り、21時帰宅。走行距離は454キロ。お金を節約するのは大変だなぁ〜。

【走行データ】
走行日時:2008年10月17日(金)
走行距離:454キロ
バイク  :ジェベル250XC
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

祝!甲子トンネル開通ツーリング

9月21日にR289“甲子トンネル”が開通した。R289は、全国にいくつかある国道未開通区間であったが、このトンネルが開通したことで、白河と下郷をわずか30分で結ぶ。ツーリングライダーにとっては、会津へのアクセスルートがひとつ増えたことになる。

そこで、早速(ずいぶん日が経ってしまったが…)、甲子トンネルを走りに出かけた。

7時出発。朝から日差しが気持ちが良い。しかし、気温は低いため、準真冬装備である(気温13度)。

R4バイパスでR289の白河市内の交差点へ。ここまで2時間強。なかなかハイペースである。R289に入ると予想外に車が多かった。みな、トンネルを走りに来たのか!

途中、良い展望所があった。

081013kasi1.JPG
景色を堪能するひとたち

081013kasi2.JPG
すでに紅葉が始まっている

展望所から10分ほどで“甲子トンネル”へ。う〜ん、まだ真新しい。このトンネルは全長4キロほどありとにかく長い。土木技術というのはすごいなぁ〜。

081013kasi4.JPG
甲子トンネル

トンネルのあとは、少し北上して大川ダムへ。ちゃっかりダムカード収集もこなす。

081013ookawa1.JPG
<ダムカード>大川ダム

ダムの近くでお昼。もちろん、おそばです!

081013zarusoba.JPG
たまには天ぷらでもつけたいな

昼を食べると13時半。天気も体調も良かったが、途中の渋滞にへばる(大内宿あたりとR289交差点)。これもトンネル効果か!?(単に3連休だからかもしれない)。

R121〜R400とつなぎ14時に奥塩原温泉“恵比寿屋”に到着。ここは、日帰り入浴時間が短いため、しっかり時間を計算して走らなくてはならない。

081013ebisu.JPG
11〜15時限定

ここの温泉は硫黄成分が濃く、家に帰っても硫黄臭が残る。とても気持ちの良い温泉である。栃木の温泉の中では、日光湯元、那須湯元とともにベスト3に入る。

15時過ぎに温泉を出発。渋滞に巻き込まれることを覚悟したが、思ったほどではなく、“道路いっぱい”を使い3時間ほどで自宅着。たいして走った気がしないのだが、しっかり400キロ走っていた…。

走行日時:2008年10月13日(月・祝)
走行距離:400キロ
バイク  :VFR
posted by どんぐり at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

宮ヶ瀬ダム+東京湾横断ツーリング

一昨日につづき、ダムカード収集に出かけた。

今回は、神奈川県唯一のダムカード配布施設である「宮ヶ瀬ダム」へ。

8時半に出発。この日は、18時ごろから雨の予報。日中も曇りの予報だが、晴れ間もあり、気持ちよく走ることができた。

道路は空いており、10時半に宮ヶ瀬ダムに到着。

081005miyagase1.JPG
ダムカード<宮ヶ瀬ダム>

宮ヶ瀬ダムは、堤高156m、総貯水量1億9,300万㎥と大規模なダムである。見上げても見下ろしても迫力がある。

081005miyagase3.JPG

081005miyagase2.JPG

宮ヶ瀬ダムを11時半に出発。まだ、時間があるため、R412→R129→R134とつなぎ湘南方面へ。江ノ島前後の道路はいつも混んでおり、すり抜けを余儀なくされる。

三浦半島を横切り14時過ぎに久里浜に到着。ちょうど、房総半島・金谷行きのフェリーが5分後に出航するところであったため乗船した。しかし、以前よりずいぶん運賃が上がっていた…。

081005fune1.JPG
デッキ

081005fune2.JPG
船上から久里浜(三浦半島)方面

081005nokogiriyama.JPG
鋸山(房総半島)が見えてきた

081005fune3.JPG
金谷到着。40分の短い船旅。

081005vfr.JPG
バイクは1台とさびしい

14:15に久里浜を出航し、15時に金谷に到着。この東京湾フェリーは、気軽に旅気分を味わえるのでオススメである。

金谷からは、R127→R16で自宅へ。途中1回の給油&休憩をはさみ、18時半に自宅着。走行距離299キロ。VFRでは、物足りない距離である。

081005map.gif
走行地図

走行日時:2008年10月5日(日)
走行距離:299キロ
バイク  :VFR
posted by どんぐり at 20:36| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ツーリングレポート2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする